埼玉さとおやこども広場スマホロゴ

埼玉さとおやこども広場白

読み物いろいろ

レシピ『いってらっしゃい!のひと口おにぎり』

~ある養育里親家庭での食事風景~

これまで、サチコさんは様々な年齢のこどもたち15人と過ごしてきました。
特に高校生など思春期のこどもが委託される時には、さりげない距離感や見守りが欠かせない。
サチコさんは「こどもといっても、高校生の場合はもう大人も近いからね。相当気を使って生活しているはず」と多感な年代のこどもの気持ちにも寄り添い、あまり口うるさくならないように意識している。
そんなサチコさんの朝のレシピをご紹介します。

いつでもぱぱっと食べられるように

一日のはじまりに食事は重要。
パックジュースやバナナなど食べやすいものをテーブルにそっと置いておく。
おにぎりは、いつでもぱぱっと食べられるように、うんと小さなサイズで握っておく工夫をしているそうです。

<材料>
ごはん…適量
ごま塩、梅干しなど
ラップ

<作り方>
ピンポン玉くらいのサイズで小さなおにぎりを作り、ラップで一つずつ包む

「ポケットに入れて、行儀が悪くてもいいから通学途中にでも食べて!」と送り出しています。

出典:キーアセット『まいにちの家庭レシピ 里親ファミリーの日常風景』より

他にもこんな読み物があります

読み物いろいろ
一覧を見る

学校黒

学校黒色

TOPに戻る

さいたまっち・コバトン